東商が中小企業の「健康経営」を支援 まずアドバイザーを派遣

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

東京商工会議所は21日、中小企業の「健康経営」促進に向け、アドバイザー制度をつくると発表した。アドバイザーを中小企業に派遣し、経営者の理解を高めると同時に、制度面の整備などを進める。

 健康経営は、従業員の健康維持・増進に向けた取り組みを経営方針に掲げ、展開するもの。従業員が健康を保つことで、生産性が向上すると同時に、企業や健康保険の医療費負担を抑制できるメリットもある。

 大企業では今年から「健康経営銘柄」が選ばれるなど、取り組みを先行させているケースもあるが、中小企業では大きく遅れている。このため、東商では健康経営を実践している企業経営者、中小企業診断士、管理栄養士らをアドバイザーとして、企業に派遣し、普及を目指す。

 また、健康経営実践企業のネットワークである「健康経営倶楽部」の設置を検討しており、優れた実践事例などの共有や企業とヘルスケア事業者とのマッチングなどを手がける。

< 参照元リンク >
http://www.sankei.com/economy/news/150721/ecn1507210035-n1.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …