離職率半分:VOYAGE GROUPの「健康経営」とは?

ball
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ball2015年の「Great Place to Work」が調査した従業員100~999人の部門で、「働きがいのある会社」 1 を獲得した VOYAGE  GROUP。

ITベンチャーの中では離職率が他平均より半分となっており、魅力ある職場作りが実現できている

 

健康経営は健康管理ではない

 永岡さん(VOYAGE GROUP)は健康経営であるという意識はなかったそうです。今回のインタビューの際、健康経営の考え方、すなわち、「健康経営とは健康管理ではなく、従業員の健康に投資をし、事業のサスティナビリティを実現すること」と伝えたところ、VOYAGE GROUPは健康経営できていると気づいたようです。

 健康経営は残念ながら多くの経営者が、健康管理と混同しています。健康経営推進と銘打ったサービスのほとんどが、健康診断に関連するサービスやメタボ対策を打ち出していることもあり、従来の健康管理との違いを理解できないのです。

 永岡さん曰く、「健康経営が事業のサスティナビリティを実現するための取り組みであるならば、それは経営上、絶対やったほうがいい」と言います。一方で「経営の現場では、国が推進している云々はあまり関係なく、従業員が健全に仕事ができるかが重要」「健康管理的なメタボの話とかだと、余計なお世話、という感じだし、コストセンターの話になってしまう」と率直な感想をいただきました。

 

健康投資の成果は、会社の魅力

 健康経営が健康管理でないとすると、投資に見合うリターンは何かとよく問われます。実はリターンを数値で図るのは健康管理的な視点のほうがわかりやすいのかもしれません。なぜならば、肥満率を解消することで、将来の医療費削減への貢献度などを予測することも可能だからです。

 もちろん健康経営の土台には健康管理が含まれますが、事業のサスティナビリティーにつながる成果を数値で示すのは難しいと思われます。ただ、採用や離職率など、この会社で働きたいと感じる魅力にかかわるのではないでしょうか。

 VOYAGE GROUPの離職率は10%。平均離職率20%と言われるITベンチャーではかなり少ないほうです。また採用においても、一人一人を大事にする取り組みはかなり効果を発揮しているとのこと。

労働人口が減少し、人材不足が企業の危機と言われる時代だからこそ、健康経営の意味はますます価値を持つのではないでしょうか?

 

< 参照元リンク >
http://japan.zdnet.com/article/35072870/2/

 

< 広告 > マンガでわかる健康経営  by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …