さらば栄養ドリンク 「疲労回復」は3つのコツだけで十分

hirou
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

hirou 厚労省の調べによると、働く人の7割が慢性的に「疲れ」を感じているという。それでも、これといった回復方法がなく、疲れた体にムチ打って毎朝通勤電車に揺られている人が大多数だろう。そうした状況に対し、「疲労のメカニズムを正しく知るべき」と説くのは大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授の梶本修身医師(写真)。そうすれば「疲労を回復でき、予防もできる」という。詳しく聞いた。

「肉体労働や運動をした後は“体が疲れた”と感じますが、これは錯覚です。ゴルフ程度では筋肉に大きな負担はかかりません。疲れたと感じるのは脈拍や呼吸、体温をつかさどる自律神経が運動によって疲弊するから。脳に勘違いさせ、それ以上体を動かさないように仕向けているのです」

 つまり、自律神経を整えれば疲労は回復する。梶本医師は国内で唯一、疲労医学を専門に研究する大阪市立大学大学院の特任教授で、慢性疲労専門の「東京疲労・睡眠クリニック」(東京・新橋)を営んでいる。そんな“疲労のスペシャリスト”が指摘するこうした疲労の仕組みについては、まだ知らない人がほとんどに違いない。

 

引用元 : https://rakuzanet.jp/google-sleep-inducing.html

 

 
 
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_s
ニュース
秋田銀、「健康経営」企業の金利を優遇

Pocket 秋田銀行は23日、全国健康保険協会(協会けんぽ)秋田支部が認定した「健康経営宣言」事業 …

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s
ニュース
昼寝OKの会社が増えてきた!?

Pocket■睡眠不足で酩酊状態と同じリスク 塚島さんは「睡眠不足は飲酒運転と同じくらいの事故リスク …

27e59a99b83d231c36bcf94d44a459dd_s
ニュース
職場あげて健康増進、自治体が後押し

Pocket 首都圏の自治体が職場ぐるみで従業員の健康増進に取り組む企業への支援を強化している。埼玉 …