大手メーカーに健康道場?!

yun_9395
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

yun_9395社員数が多く医療費もかさばる大手企業。そのなかで2社健康経営の取り組みを紹介します。

 

◆大手歯磨き剤メーカー

健康診断の数値から、メタボリックシンドロームの疑いありとされた、第一線でバリバリ働く幹部含めた社員たちが、業務命令で集められる、会社の研修施設、その名も「健康道場」。
2泊3日で、運動や生活習慣の見直しを、徹底的にたたき込まれます。
社員たちは、体脂肪率などの数値が改善されるまで、定期的に道場へ送り込まれ続けます。
運営にかかる経費は、年間なんと4,000万円。
それでも、生活習慣病によって、せっかく育てた幹部社員が倒れてしまうリスクを考えれば、有効な投資だと位置づけています。

 

◆大手総合化学メーカー

仕事が終わると、毎晩のようにヘルシーマイレージ、というスポーツイベントを開催。
本格的なスポーツマンから、運動はちょっと苦手という人まで、こぞって参加します。
毎日、どんなスポーツをどれくらいしたかを入力すると、マイルが登録されます。
マイルに応じて、電動歯ブラシや歩数計など、健康グッズがもらえる仕組みです。
ほかの人のマイルも、リアルタイムで見ることができ、ライバル心がかきたてられるというのがミソ。

マイレージ合戦には、全国10か所の事業所が参加。
2,500人が競う、巨大イベントになっています。
この会社が、健康経営にかじを切り出したのは6年前。
社員の高齢化で、がんや循環器系の疾患が増加。
さらに景気低迷による、先行きの不安から、精神面の不調を訴える社員も急増したからです。
従業員の欠勤日数は30%も増えて、医療費は増大。
健康保険組合の赤字は、まもなく十数億円に達すると、予想されました。

健康経営の導入によって、欠勤日数は元どおりに減少。
健保財政の赤字化も、免れることができました。

今ではスポーツを通じて、職場のコミュニケーションも活発となり、ほかの部署と連携した、新しいプロジェクトも誕生。
業績アップにつながっています。

 

< 参照元リンク >
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3459_all.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …