一早く未病に取り組む本田技研工業

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

本田技研工業は2000年過ぎ頃から未病対策に取り組んできた。

本田技研工業(ホンダ)では、永続的な企業経営に欠かせないものとして、いち早くメンタルヘルス対策に取り組んできた。同社の対策の特徴は、復職支援や再発防止といった「三次予防」や、早期発見のための「二次予防」にとどまらず、不調を起こさないようにするための「一次予防」まで裾野を広げた施策を打ち立てたことだ。

当時は事業所ごとにメンタルヘルス対策を行っていた。先進的な取り組みにより成果を上げる事業所も出てきたが、全事業所で同じ対応ができていなかった。せっかくの対応ノウハウが社内で十分に共有できていなかった(人事部安全衛生管理センターの小林由佳氏)が、2009年には「全社メンタルヘルス推進チーム」を設置。ワーキングチームで上がった課題を解決するため、「オールHonda心の健康づくり」として5つの主要施策を打ち出した。

 

 

「これにより社員1人ひとりが、仕事に誇りを感じて熱心に取り組み、仕事から活力を得て活き活き働ける状態である『ワークエンゲイジメント』を目指し、企業価値を上げることができると考えた」と小林氏は言う。

<参照元リンク>

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130910/253234/?P=1

 
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …