唾液の分泌量が低下する一番の理由

mouse
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

mouse

 唾液の分泌量が低下する一番の理由はストレスや緊張によって自律神経が乱れる事です。誰でも緊張をすると口の中が乾いてからからになった経験はあるかと思いますが、唾液が勝手に分泌されるのは全て自律神経によって無意識下におこなわれている事になります。唾液の量が減ると虫歯になりやすくなったり風邪をひきやすくなったり、口臭が増えたりマイナスにしか働きません。

最近、唾液の量が減ってきたなと思ったらストレスが原因かもしれませんのでお気を付け下さい。

< 参照元リンク >
http://health-to-you.jp/healthmanagement/tubawohuyasitekennkoutekini8779/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …