重要性高まる「健康経営」、辻・東北大教授

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

東北大学大学院医学系研究科公衆衛生分野教授の辻一郎氏は、5月21日に都内で開催されたセミナーで、「データヘルス計画の意義と展望」というテーマで講演、労働力人口の高齢化に伴い、従来以上に「健康経営」の重要性が増すと指摘、各健康保険組合で「データヘルス計画」が本格始動に向かう現状を紹介した。

< 参照元リンク >
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/323295/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …