健保組合:健診データで健康改善…社食改善や減量指導

20150626k0000m040152000p_size7
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

20150626k0000m040152000p_size7

大企業の社員を中心とする健康保険組合は今年度から、治療や健診のデータを活用して健康改善を促す「データヘルス計画」を始めている。健康維持による医療費削減が狙い。厚生労働省は先進事例を公表して取り組みを後押ししており、来年度以降に削減効果の検証も行う。

< 参照元リンク >
http://mainichi.jp/select/news/20150626k0000m010121000c.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …