月1で衛生委員会の開催と調査審議が求められる

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

常時使用労働者数が50人以上の企業では、産業医、衛生管理者の選任が義務付けられています。また、本年(平成27年)12月1日からは、健康診断時に「ストレスチェック」の項目も追加されます。そして、産業医及び衛生管理者が参加する衛生委員会を毎月1回以上開催して、下記について調査審議しなければなりません。

1.労働者の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること
2.労働者の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること
3.労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に関すること
4.前三号に掲げるもののほか、労働者の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

< 参照元リンク >
http://ovo.kyodo.co.jp/column/a-613392

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …

ニュース
静岡県5商議所、健康経営推進へ協定 アクサ生命と

Pocket 静岡県内の5つの商工会議所とアクサ生命保険は27日、従業員の健康に配慮しながら生産性を …