月1で衛生委員会の開催と調査審議が求められる

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

常時使用労働者数が50人以上の企業では、産業医、衛生管理者の選任が義務付けられています。また、本年(平成27年)12月1日からは、健康診断時に「ストレスチェック」の項目も追加されます。そして、産業医及び衛生管理者が参加する衛生委員会を毎月1回以上開催して、下記について調査審議しなければなりません。

1.労働者の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること
2.労働者の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること
3.労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に関すること
4.前三号に掲げるもののほか、労働者の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

< 参照元リンク >
http://ovo.kyodo.co.jp/column/a-613392

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …