「唾液とカートリッジで健康チェック」日本で2017年に販売目指す。

Cue-1
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

Cue-1 電通系ファンドの電通ベンチャーズ1号グローバルファンド(電通ベンチャーズ)は2015年12月25日、分子レベルのバイオデータを家庭で簡易に分析 できるヘルスケア・ソリューション「Cue」(キュー)を開発する米Cue社への出資を発表した(ニュースリリース)。

 Cue社のソリューションは、箱型ハードウエアと診断カートリッジ、データの分析結果を管理するスマートフォンアプリから成る。唾液や血液、粘膜などを少量採取し、検査内容によって色分けされたカートリッジを箱型のハードウエアに差し込む。これにより、ビタミンDやテストステロン、炎症、インフルエンザ、妊娠適性などを手軽に分析できる という。

 今後、各国当局の承認を受ける予定で、欧州や香港では2016年半ば、米国では2016年中、日本では2017年の発売を目指す。将来は、20種類程度の検査項目に対応予定という。

 

引用元 : http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/122501719/?ST=ndh

 

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …