政府と企業などが協力して開発…社員の健康、スマホで指導

sumaken
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

sumaho 健康向上のための助言を社員が持つスマートフォン(スマホ)などに自動的に届けるシステムを 政府と企業などが協力して開発 する。

 歩数計などから送信される日々の運動や食事量などのデータと健康診断の結果を合わせてコンピューターが分析し、病気予防のための「指導」を行う。来年度から実証試験を行う予定

 健保組合や医療機器メーカーなどの関係者からなる政府内の検討会がシステム構築について話し合っており、3月末までに概要をまとめる

 現在、データを送信する歩数計、体重計、血圧計などは販売されており、メーカーなどがスマホやパソコンで毎日の記録を一覧できるサービスを提供している。

 システムでは、歩数など日々の送信データと、健保組合などが持つ健診データを合わせ、利用者の健康に応じたきめ細かい助言ができるようにする。健診結果から糖尿病の心配があるとわかる利用者で、運動量が少ない人には「本日は多めに歩きましょう」などのメッセージを送る。

 

引用元 : http://www.yomiuri.co.jp/national/20160125-OYT1T50068.html

 

 
 
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …