光トポグラフィー検査で鬱診断 問診を補完する客観的データ

hikaritopo
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

hikaritopo 従業員自身がメンタルヘルス状態を把握し、休職、退職、自殺などを未然に防ぐ「ストレスチェック制度」が昨年12月から始まった。職場改善が期待される一方、精神科を専門とする産業医の不足など課題も指摘されている中、実際にメンタルヘルスの不調を自覚している従業員は正しい面接指導が受けられるのかという不安もあるだろう。

 「 精神科医で産業医の資格を持っている先生は1千人ぐらいしかいない だろう。心療内科の先生を加えたら倍くらいにはなるが、それでも足りない」。メンタルヘルス対策を含めた従業員支援(EAP)サービスを提供するフィスメック(東京都千代田区)出版事業部の白崎哲史氏が指摘する。

 専門の産業医の不足を補うために厚生労働省は、あらかじめ決められた質問によって行う構造化面接と呼ばれるフォーマットを用意したという。その流れに従って進めれば、精神科の専門医でなくても医学的な検証できるとされるが、心許ない印象はぬぐえない。

 白崎氏は「ストレスチェック後の構造化面接は、病気であるかどうかを診るというよりは、現在の状態で働くことは可能なのか、それとも就業上の措置が必要かどうかというレベルをチェックするものです。もちろん、そこでは鬱病が想定されていますが、鬱病かどうかを診断するわけではないのです」と制度の目的を説明する。

 ストレスチェック制度で会社が面倒を診てくれるのは面接指導まで。高ストレス者と判断されても、専門医の治療を受けるのかどうかは本人にゆだねられる。

 ストレスチェックの結果を補完する客観的データになるのが、近赤外線を用いて大脳の毛細血管を測定する光トポグラフィー検査 だ。昨年11月に鬱病と診断された映像製作会社に勤める30代の男性社員が新宿ストレスクリニック(東京都新宿区)の協力を得て検査を受けた。

 

引用元 : http://www.sankei.com/life/news/160309/lif1603090002-n1.html

 

 
 
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …