社内で健康競争 オムロンヘルスケア

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

社員全体で会社を健康にしようとするおもしろい健康経営を紹介!!085351b5f4bfce267ceee5efdba1c435_s

 

 

 体重計や血圧計など、健康関連の家電を手がけるオムロンヘルスケア(京都府向日市)の社員食堂は、減塩や少カロリーを意識した健康メニューを毎日提供している。社内で行われている、ある“競争”をサポートするためだ。

・オムウォークプラス

 オムウォークプラスとは、オムロンが8月1日から3カ月間、「オムウォークプラス」と題し、全34部門で部員の健康への取り組み度合いを競う取り組みで、体重、体内年齢などを計測。3カ月間の数値の改善率で勝敗を決めようと始めた取り組みだ。

 社員は全員、活動量計を携帯。1日の消費カロリーと歩数は、数値の高い人の順位が社内ネットワークで公開される。

 この競争にあわせ、社員食堂でも「オムロンヘルスケアらしいメニュー」を始めた。取材した日の日替わりメニューは、豚肉を茹でて焼き、脂質を抑えた「豚焼き肉とろろ丼セット」。ご飯には米状のこんにゃくを混ぜ、カロリーを通常の4分の1に抑えた。味わいは普通のご飯とほとんど変わらない。

 「手間はかかるが、美味しく食べられることを意識した」と担当者。

 社員食堂は当初、調理が簡易な分、カロリーの多いメニューばかりだったという。

 今年4月に就任した荻野勲社長は、社員の健康を会社の成長の基盤に置く「健康経営」の理念を打ち出した。オムウォークプラスも、そうした理念を具体化した取り組みで、メニューのヘルシー化は今後さらに拍車がかかりそうだ。

 

 

 

 

<参照元>http://www.sankei.com/west/news/150921/wst1509210041-n1.html

 

<広告>マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …

ニュース
静岡県5商議所、健康経営推進へ協定 アクサ生命と

Pocket 静岡県内の5つの商工会議所とアクサ生命保険は27日、従業員の健康に配慮しながら生産性を …