人工知能で予測・予防医療、ソニーなど競演

e8e4d2fb2cf6071352ee749fc272e687_s
経営
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

e8e4d2fb2cf6071352ee749fc272e687_s「情報幾何学」を活用

 ソニーCSLからは、製薬企業で長く創薬や再生医療の研究に携わった経験を持つ桜田一洋氏(同社 シニアリサーチャー)が登壇。目の前の患者だけでなく「未来の社会を健康にできないか」(桜田氏)との視点で進めている、予測・予防医療 に向けた研究を紹介した。

 予測・予防医療への道のりを、同社は3つのステップで捉える。生体にかかわるさまざまな情報を計測する「センサー」、その情報を解析し評価する「人工知能」、その結果をサービスなどに反映する「ソリューション」だ。

 センサーにかかわる要素技術として挙げたのが、ゲノム解析やバイオマーカー、細胞分析、ウエアラブルセンサーなど。「症状が出てからのデータは病院にあるが、その前の(健康なときの)データがない」(桜田氏)と、日常生活での情報収集の重要性を指摘した。

 人工知能については、環境情報やバイオマーカー、遺伝子情報などを統合的に解析する「新しいデータ推論の枠組み」が研究テーマの1つ。情報幾何学のノウハウを取り入れた解析手法の開発などに取り組んでいるという。

 ソリューションについては、「人生最初の1000日」「現役世代」「高齢期」のすべてにわたる「ライフコース・ソリューション」を構想する。バイオマーカーや環境要因、生活習慣などを生涯にわたって計測。その結果を反映したヘルスケアサービスを提供していくというものだ。

 こうしたソリューションは単独の「企業からは生まれない」と桜田氏は話す。そこでは、さまざまなプレーヤーを巻き込んだ「オープンイノベーションが鍵を握る」(同氏)。

 

引用元  : http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327442/033100049/?ST=ndh&P=2

 

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …