朝型か夜型かは遺伝子で決まっている!?

生活リズム
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

”朝がどうも苦手で・・” 生活リズム

そんな人もきっと多いのではないだろうか?

しかしその原因がなんと遺伝子にある可能性が示唆された。

実はほとんどの生物に備わっている「体内時計」が遺伝子によって制御されていることがこれまでの研究で明らかになっている。

 

23andMe社というアメリカの企業が行った8万9283人を対象にした調査の結果,朝に活動的(朝型)になったり,夜に活動的(夜型)になったりする生活習慣は,遺伝子で決まる可能性があるという。調査によると,朝型の人には特定の15個の遺伝子に異常がみつかった。そのうち7個の遺伝子は,概日リズムの制御に影響する可能性が高い場所に位置していた。また,朝型の人は鬱病や不眠症になりにくく,体型も適正である傾向が強い。こういった特徴には,遺伝的要因が大きく関与しているといわれている。

 

生き物はメンタル面も遺伝子で綿密に制御されているようだ。あなたが抱えているその悩みも実はある遺伝子の異常によるものかもしれない。

 

引用元:http://www.newtonpress.co.jp/news/science.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …