”健康経営” まだまだ浸透していない現実

健康経営広まらない現状
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

本ブログで紹介する”健康経営”という考え方がまだまだ広がっていないことを裏付ける宮城県内における調査結果が発表された。今回はその結果を紹介する。

健康経営広まらない現状

”健康経営” まだまだ浸透していない現実

宮城労働局(尾形強嗣局長)は、県内の小売業で申告・相談件数が目立ち、過去の監督指導でも違反割合が高いことから、同業種を対象に労働条件自主点検を実施した。自主点検は平成26年7月~27年9月にかけて複数回実施したもので、延べ2016事業場に自主点検表を送付している。結果報告があった1668事業場の回答を集計した。

その結果、約2割に当たる事業場で定期健康診断が適正に行われていない疑いがあることが分かった。

改善が必要と回答した事業場(法違反が疑われる事業場)の割合が高い項目が、「定期健康診断の実施」(17.6%)を筆頭に、「年次有給休暇の付与」(15.9%)、「就業規則の作成・届出」「就業規則・時間外労働休日労働に関する協定の周知」(ともに8.5%)などと続いた。

 

本調査は宮城県内における結果であるが、全国的にまだまだ”健康経営”の考え方が広まっていないことが想像できる。やはり、コスト面の懸念から『健康経営は大企業がやるもの』という考え方が根強い可能性がある。

しかしながら、”健康経営”は中小企業こそ取り組むべき施策であることを忘れてはいけない。

 

引用元:https://www.rodo.co.jp/news/4729/

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …