メタボと低栄養の境目ってどこ?

メタボ対策
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

メタボが世の中で広がっている中、メタボから低栄養に切り替わる年齢のタイミングはいつなのであろうか?

メタボ対策

メタボと低栄養の境目ってどこ?

日本老年医学会(楽木宏実理事長)は9日、東京都内で高齢者の栄養、摂食・嚥下をテーマにプレスセミナーを開催した。名古屋大大学院医学系研究科の葛谷雅文教授(地域在宅医療学・老年科学)は講演で、65歳までは過栄養メタボリックシンドロームなどの対策が重要になる一方で、後期高齢者となる75歳以上では、健康維持のための栄養が不足する「低栄養」が大きな問題になると指摘した。前期高齢者の65歳から74歳までは、個々の患者に応じた対応が求められるという。

葛谷教授は65歳より前では、メタボ対策など生活習慣病予防が重要としつつ、75歳以上では低栄養症候群への対応が重要になると指摘した。

 

これらの報告から年齢に応じて求められる対策が細かく変わってくることがわかる。近年、食文化等が急激に変わっていく中、柔軟にニーズをくみ取っていくことが大切になっているようだ。

引用元:http://www.cabrain.net/news/article/newsId/48712.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …