丸の内ヘルスアップ実証プロジェクト始動!

丸の内ヘルスアップ実証プロジェクト
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

全国的に健康経営に関わるプロジェクトが広がっている。

今回は丸の内のビジネスパーソンを対象にした、三社の共同のプロジェクトを紹介する。

 丸の内ヘルスアップ実証プロジェクト

丸の内ヘルスアップ実証プロジェクト始動!

日本駐車場開発、おかん、ウエルネスデータの3社は5月23日、丸の内に勤務するビジネスパーソンの健康意識・行動を変容し、健康経営が企業活動に及ぼす影響を実証するための前後比較調査「丸の内ヘルスアップ実証プロジェクト」を始動することを発表した。

日本駐車場開発は「丸ノ内ヘルスケアラウンジ(MHL)」を運営する。これは医療施設とヘルスケア施設を融合させ、個々に合わせたヘルスケアプログラムを提供する常設型施設であり、新丸の内ビルディング9Fに所在しており、体組成検査から、専門家によるカウンセリング、運動トレーニングなどを提供しており、対面型のサポートによって、利用者の健康意識を継続的に高められるとしている。

おかんが提供する「オフィスおかん」は設立2年目のサービス。総菜宅配サービスが好評で、前年度比約320%成長を遂げた。具体的には、契約企業のオフィ スに設置した冷蔵庫や専用ボックスに総菜を定期的に提供するサービス。社食代わりに導入する企業が多いが、家に持ち帰って家族の食事として利用するケース も多く、共働きの社員からも好評だという。

ウエルネスデータは、「JouleLife」というスマートフォン向けヘルスケアアプリを提供している企業。従来のアプリと大きく違う点は、食事ログが不 要なほか、代謝や運動量、栄養バランス指導を目標値から逆算したノルマを設定できる点だという。そのため、同じ身長や体重でも個々に合わせたアドバイスを 提供する。

実証実験の期間は、開始日より60日間とし、2016年9月末日までに、本プロジェクト参加対象者による各種の意識アンケート結果、身体データ、ならびに健康経営実施による生産性や従業員ロイヤリティー向上の経時変化を収集・分析するという。

 

各社、新たな取り組みが具体的に始まっている。果たして、どの取り組みが最も効果的なのだろうか?

期待をもって結果を待ちたい。

引用元:http://news.biglobe.ne.jp/it/0523/mnn_160523_6845783323.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …