JAL会長が語る、”健康経営” とは?

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

様々な企業で健康経営に関心が集まる中、「第3回 健康と経営を考える会 シンポジウム」でJAL会長が講演を行った。

今回はその内容について紹介する。

JAL会長が語る、健康経営とは?

JAL会長が語る、”健康経営” とは?

「第3回 健康と経営を考える会 シンポジウム」(2016年5月26日、主催:健康と経営を考える会)に登壇した日本航空 取締役会長の大西賢氏は、「経営者のリーダーシップによる健康経営の実践」と題した基調講演に登壇。JALグループの健康経営に関する考え方や施策などを 紹介した。

健康経営の目的には、「リスクの低減」「顧客サービスの向上」「生産性の向上」「ブランド価値の向上」などが挙げられる。JALではこれを「安全運航」「最高のサービス提供」「豊かな人生」「働きがい」という表現に置き換え、健康経営においては「この4つを成し遂げるためには何をすればよいか。その考え方が大切だ」と大西氏は強調する。そして、その中心となるのが「人材」だ。

会社経営でも健康経営でも、物事を変えていくためには意識改革が非常に重要となる。しかし、健康経営で難しいのは「多くの人は病気が重症化しないと、健康意識が高くならない」ということ。この健康意識を「未病、あるいはその前の段階で持ってもらうことが極めて重要になる」と語った。

 

JALの会長も語るように重要になるのは意識改革である。やはり、症状で出ていない人に病気のリスクを意識させるのは難しい。

そこで、”健康状態の見える化” これがこれからのキーワードになってくるだろう。

引用元:http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327442/053100061/

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …