忙しさは脳に良い働きをする!?

忙しさは脳に良い働きをする!?
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

多忙な毎日を送っている方々に朗報である。忙しい人の方が記憶力や認知力が高いというデータが研究で明らかになった。

今回はこの最新の研究結果について紹介する。

忙しさは脳に良い働きをする!?

忙しさは脳に良い働きをする!?

オンライン科学雑誌Frontiers in Aging Neuroscienceに発表された新たな研究では年齢を重ねても、忙しく活動している人の方が記憶力や認知力のテストでより優れたスコアを記録する可能性があるとの所見が示された。

テキサス大学ダラス校の研究チームは、記憶力と認知力を異なる複数の側面から測定するために、59~80歳の被験者330人を対象に、神経心理学のさまざ まなテストを実施した。被験者たちは、自分がどれくらい忙しいと感じているかに関することも問われた。「平均的な日はどれくらい忙しいですか?」「やらな ければならないことが多すぎて、普段よりも寝るのが遅くなることはどれくらい頻繁にありますか?」などといった質問だ。

その結果、より忙しいと報告した人の方が、そうではない人に比べて作業記憶と推理力が優れており、語彙も豊富だった。また忙しさとエピソード記憶機能、つまり、過去の出来事を思い出す力にも特に強い関連が見られた。

年齢を重ねても頭脳明晰でいられるためには何が必要なのか、忙しさとどのような関係があるのかについては、今後さらなる研究が必要だ。忙しく活動し続けることが、優れた記憶力や認知力の維持に有効である可能性は十分にある。

し かしその忙しさを「何から」感じているのかに留意することが重要だ。自分の好きな仕事や新しい趣味、授業や友人との外出から感じているのであれば、そのど れもがおそらく良い影響を及ぼす。だがフェイスブックのやりすぎや、より不健康な(そしてよりストレスを感じる)ことで過度な負担を負うことで忙しさを感じているならば、脳のために環境を変えるべき時かもしれない。

 

現代人の忙しさは非常に多種多様である。この記事でも述べているがこういった忙しさを一概に脳に良いとしてしまうのは良くない。

しかしながら、それと同時に自分の適性を見極めながら悪影響を及ぼさない忙しさを選択していくことが生活を豊かにすることは確かだろう。

引用元:http://forbesjapan.com/articles/detail/12300/1/1/1

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …