英国のかかりつけ医に学ぶ患者支援

英国のかかりつけ医に学ぶ患者支援
記事
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

超高齢化が進む日本、かかりつけ医の普及が広がってきている。しかしながら、問題はまだ多く残っているように思える。

今回は既にかかりつけ医の文化が定着している英国の取り組みについて紹介する。

英国のかかりつけ医に学ぶ患者支援

英国のかかりつけ医に学ぶ患者支援

患者の訴えは本当にさまざまである。かかりつけ医はまず、このまま診療所で診るか、専門医のいる2次医療機関(病院など)に送るかを判断する。疾患への対応や、どの段階で専門医に送るかという判断は、科学的根拠に基づく国のガイドラインを基に患者と話し合って決める。結果的には、家庭医の段階で、患者の9割の健康問題に対応できているという。

また、登録患者の診察記録や既往歴、予防接種歴などの情報は継続的、一元的に管理され、診療所では電子カルテでみることができる。訪問看護師など地域の専門職などとも電子カルテで患者の情報を共有できる仕組みになっている。

さらに、英国のかかりつけ医では「社会的処方」にも注力しているという。これは地域の専門家がその人のニーズにあった社会的な資源を提供してくれるもので、社会的つながりのことである。このように患者の訴えの内容が、医学的な問題かどうかは重要ではなく、何を問題としているのかに答えるのが家庭医の専門性といえる。 ただし、1人で問題を解決するわけではなく、診療所の専門職や地域のソーシャルワーカーなどと連携したチームで対応し、解決にあたる。

 

近年、日本でも「プライマリーケア」と呼ばれるサービスが注目されている。これは医療のみならず、生活のあらゆる悩みを相談できる医療サービスのことである。今後、医師に求められるスキルは医療行為だけではなく、患者が気軽になんでも相談できるようなコミュニケーション能力なのかもしれない。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20160605/ddm/016/040/042000c

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …