大分県、健康経営事業所の設立へ

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

官民一体で健康経営普及のための様々な取り組みが行われている。

今回は大分県での新たな取り組みを紹介する。

大分県、健康経営事業所の設立へ

大分県、健康経営事業所の設立へ

大分県では、従業員の健康支援を通じて会社の益を生もうとする事業所=「健康経営事業所」の普及を目指している。

そこで、大分県内のすべての事業所を対象に、全国健康保険協会大分支部(協会けんぽ)と協力し、「健康経営事業所」の認定制度を行っているという。

登録のあった事業所へは、「健康経営事業所」の認定に向けて、希望により大分県から下記のサポートの提供を行う。

  (1)県からの定期的な健康情報の提供 :メール等により、従業員の皆さまの健康を守るための情報を提供。

  (2)事業所対抗運動イベントの開催

 

なお、以下認定基準である。

  (1)健診及び有所見者への対応 : 従業員の健康診断受診率100%及び従業員の健康診断の結果把握100%

     ※:平成28年度から(1)の認定基準は「健康診断」の受診率・結果把握となる。

  (2)事業主による主導的な健康づくりの取り組み : 社内での呼びかけや事業所全体のリスク把握と周知

  (3)受動喫煙防止対策 : 事業所建物内禁煙または敷地内禁煙の実施

  (4)健康情報の定期提供 : 最低月1回の健康情報の社員への提供 (例:県から提供のあった情報の回覧 等)

  (5)事業所ぐるみの健康増進の取組み : 社内の開催・社外イベントへの参加

 

 

健康経営銘柄、健康経営優良法人認定制度などの国による認定制度の設立に伴って、地方でも同じく認定制度の設立が進んでいる。大分県のように行政が中心となって促進していくことは企業側も安心感がある。このような取り組みが全国各地へ広がっていくことを期待したい。

引用元:http://www.pref.oita.jp/soshiki/12210/kenkoukeiei-syoukai.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …