月額5,000円の減量アプリ”Noom”ってなに!?

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ヘルスケア関連のアプリをこれまで多数紹介してきた。

今回はその中でも高額なアプリ”Noom”が他と何が違うのかを紹介する。

月額5,000円の減量アプリ”Noom”ってなに!?

月額5,000円の減量アプリ”Noom”ってなに!?

今回のリリースでは、これまでのアプリ「Noomコーチ」のAI(人工知能)による行動学習機能に加えて、中身をかなり大幅にアップデートした。ま ず、有料版で「カラダ改善プログラム」という16週間かけて根本的な行動変容を起こすカリキュラムを提供している。これは短期間の減量を目指すものでは なく、一生続けられる健康習慣を確立することを狙いとしている。カリキュラムは、最新の知識と情報を詰め込んだ対話型の教材で、食事や運動、睡眠など減量に必要な知識はすべて学ぶことができるという。また、16週間のカリキュラムに沿って、一人ひとりのお客様の個別のお悩みを解決するために、実際の人が担当コーチとしてサポート。これまでにも備わっていたNoomグループで同じ目標をもつ利用者同士のコミュニケーションを促し、コーチや仲間と一緒に減量に励めるようにしている。

カラダ改善プログラムでは、利用者一人ひとりに担当の「コーチ」がつき、テクノ ロジーでは補えないところを人による介入で支えていく。これはカウンセラーではなく、アメリカの「ライフスタイルコーチ」という概念にのっとったもので、日本では臨床心理士や管理栄養士、看護師など、利用者との対話力に長けた介入指導のプロを採用しているという。

コーチはアプリに記録された情報をもとに利用者の生活習慣をモニタリングしたうえで、適切なアドバイスをアプリ内のチャット機能を使って一対一で行う。

 

”Noom”は全世界累計4500万ダウンロードを誇るヘルスケアスタートアップアプリである。そしてこれまで月額1000円であったところを5000円へ大幅値上げに踏み切ったことは、ヘルスケアへの需要がそれほど高まっていることを示している。価格が高くても性能が良ければ利用したいと消費者は考えるようになり、それに加えてアプリ等の利便性でさらなる市場拡大が期待される。また、AIの導入等も非常に注目されており、より正確でパーソナライズされたものが今後主流となってきそうだ。

引用元:http://techable.jp/archives/41214

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …