”つがる健康経営企業認定制度” 設立へ

”つがる健康経営企業認定制度” 設立へ
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

国による健康経営推進制度に加え自治体単位でも推進するための制度が増えつつある。

今回は津軽氏での健康経営企業認定制度について紹介する。

”つがる健康経営企業認定制度” 設立へ

”つがる健康経営企業認定制度” 設立へ

つがる市は22日、同市の野呂建設(野呂佳代子代表)をつがる健康経営企業に認定した。同市では、今年度からつがる健康経営企業認定制度を展開。同日は、福島弘芳市長が第1号の野呂建設に認定証を手渡した。

では”つがる健康経営企業認定制度”の中身について紹介しよう。

まず認定には必須項目3項目と選択項目2項目以上の取り組みが必要だという。

 

《必須項目》

1、従業員の健康管理及び健康づくりについて担当者が定められている。

2、健康診断の実施及びがん検診の受診または受診勧奨を行っている。

3、職場における受動喫煙防止対策を講じている。

《選択項目》

1、健康診断およびがん検診後の要精検者ならびに保健指導対象者に対して必要な措置を講じている。
2、身体活動および運動習慣に関する取組を実施している。
3、健康に対する正しい知識または情報等を提供し、健康教養の向上に取り組んでいる。
4、歯・口腔の健康に関する知識の普及に取り組んでいる。
5、食生活改善など食育に関する取組を実施している。
6、禁煙支援に関する取組を実施している。
7、メンタルヘルスに対する取組を実施している。
8、予防接種(インフルエンザ等)の推奨に対する取組を実施している。
9、その他健康づくりに寄与すると市長が認める取組を実施している。

 

そして認定による効果としては

1、市のホームページで企業名や優れた取り組み事例を紹介する。

  自社の健康づくり活動が市に認定されたことをPRすることができる。

2、健康講座などの講師の派遣、健康情報の提供等健康づくり活動の支援が受けられる。

3、青森銀行で取り扱っている法人向け健康融資制度「ながいきエール」の申込みが可能。

  従業員にはマイカーローンや教育ローンの金利優遇やクレジットカードのポイントが付与される。

 

第1号となった野呂建設は、職場での受動喫煙防止策を講じているほか、健康教育、検診受診勧奨などの健康づくりへの取り組みが評価されたという。

 

国による健康経営推進制度はいまだ大企業に向けたものしか施行されていない。中小企業には浸透しておらずそのためには各自治体の働きも非常に重要な要素になる。今回第1号の認定に続いていく企業が増えていくことに期待したい。

引用元:http://www.city.tsugaru.aomori.jp/fukusi/PDF/28kenkoukigyou.pdf

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …