IBMのガン診断AIシステム「Watson Health」、稼働開始

AIシステム「Watson Health」、稼働開始
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

人工知能(AI)の進化による産業構造の変化はもはや避けられないレベルにまで成長している。

今回はIBMが開発したAIシステム「IBM Watson Health」を紹介する。

AIシステム「Watson Health」、稼働開始

IBMのガン診断AIシステム「Watson Health」、稼働開始

IBMが開発を行ったAIシステム「Watson」をベースに構築されたガン診断用のAIシステム「IBM Watson Health」が、全米にある退役軍人健康省の専属医療機関で稼働開始となったことがIBMの発表により明らかとなった。

このシステムは、癌患者を対象に先端的な遺伝子治療が有効かどうかを診断する腫瘍専門医の知識をAI化したものとなる。

IBMが開発を行ったWatsonのアプリケーションとしては既に、企業法務のAI弁護士システム「ROSS」が ニューヨークにある大手法律事務所「Baker & Hostetler」で稼働を開始しており、今回のガン診断用AIシステムの運用開始で、アプリケーション領域は2つに拡大したこととなる。

IBMは年初に天気予報会社の買収を行うことで、既に、第3のAI事業領域としてAI天気予想の事業展開の開始も 予定しており、チェスAIのDeep Blue以来、これまでIBMが四半世紀超に渡って研究開発を続けてきたAIは、ようやく様々な専門領域で開化しようとしている。

 

AIはこれから様々な分野での職業を代行するようになるだろう。なぜなら、人よりも正確で早く、疲れ知らずだからだ。

ヘルスケアの領域でもAIは確実に参入してくるだろう。そういった時、従来人手不足であった部分をAIを賢く利用することで解消できる可能性が見込まれる。うまくAIと共存することで、気持ちよく働ける職場環境へ整備されていくことを期待したい。

引用元:http://business.newsln.jp/news/201607040525400000.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …