遠隔診療サービス”ポケットドクター” 提供開始

遠隔診療サービス”ポケットドクター” 提供開始
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

幅広い世代にスマートフォンをはじめとするモバイル端末の普及が進んだ中、誰もが気軽に遠隔診察を行えるサービスの提供が始まった。

遠隔診療サービス”ポケットドクター” 提供開始

遠隔診療サービス”ポケットドクター” 提供開始

医療情報のプラットフォームを提供すMRT株式会社と、IoTプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(東京本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷俊二、以下オプティム)は、国内初となるスマートフォン、タブレットを用いた遠隔診療・健康相談サービス「ポケットドクター」(iOS、AndroidTM対応)において、2016年7月5日より、全国の専門家から健康相談が受けられる「予約相談」サービスを提供開始した。
 
遠隔診療・健康相談サービス「ポケットドクター」とは、オプティムの持つリモートマネジメントテクノロジーを遠隔診療サービス向けに必要なあらゆる機能を取り込み再構築したテクノロジーと、MRTが培ってきた医療情報および医師、医療機関のネットワークを組み合わせることで、医療を必要としている人々と遠隔地にいる医療の専門家をつなぐサービスである。
 
「ポケットドクター」では、手元のスマートフォンやタブレットに搭載されているカメラやウェアラブル機器を利用することで、医師は相談者の顔色や患部の状況、ウェアラブル機器から収集されるさまざまなバイタルデータを確認することが可能なため、従来の電話による診療(再診)より具体的なアドバイスや診療が行える。相談者が映像や画像の共有を行う際に、医師はオプティムが開発したスマートフォン、タブレットからのライブ映像を活用した遠隔作業指示の基本特許技術「Overlay Technology」(特許第5192462号)による赤ペン機能や、指差し機能を用いて、映してほしい箇所の指示や、症状の説明を的確に行えるという。
 
 
待望の遠隔診察サービスの提供がとうとう始まった。このサービスはこれまで医療機関に行くほどの時間がないため診察できなかったサラリーマンや、近くに医療機関がなく頻繁に診察できなかった高齢者などに対して手軽さという点で大きなメリットがある。IOTで医療を繋ぐといった典型的な事例といえるだろう。今後はますますIOT関連の技術革新が進んでいくだろう。そういった時に情報格差が生まれないようにすることも忘れてはいけない。
 
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …