メンタルヘルススクール開校決定

メンタルヘルススクール開校決定
経営
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

日本においても2015年から年一回以上のストレスチェックが義務化し、従業員ののメンタルヘルス対策に有効な手段を打てる専門家を必要とする企業がこれまで以上に増加している。

メンタルヘルススクール開校決定

メンタルヘルススクール開校決定

EAPとはEmployee Assistance Programの略で「従業員支援プログラム」のことを指す。メンタルヘルス対策の先進国であるアメリカでは、フォーチュントップ500の企業のうち 約9割が、従業員の心の健康をサポートするメンタルヘルスケア・プログラムであるEAPをいち早く導入。その結果事故やミスが減り、生産性が向上したとい うことが報告されているという。

日本においても、労働者を取り巻く環境は大きく変化し、働く人の心理的な負担は増大している。近年では、労働者の自殺件数の増加やうつ病による休職者の 急激な増加など、労働者のメンタル不調が業務パフォーマンスに大きな影響を与えるようになり、EAPの導入やメンタルヘルス対策の体制構築を急ぐ企業が増 えている。

このような背景から、創立30周年の歴史を持ち、社会人の再教育を目的とした教育機関である「リカレント」では、メンタルヘルス対策を担う人材の育成が急務と考え、日本で初めてのEAP専門スクールである「リカレントメンタルヘルススクール」を2013年に開校。そして2016年夏、さらなる人材育成に貢献するため、東海地区初となる「リカレント名古屋教室」を新たに開校するという。

 

現在、各企業においてメンタルヘルスの専門家が不足しているのが実態である。大切なことは理解しているが具体的な取り組みまではされていないところが多いのではないだろうか?メンタルヘルスも健康経営において重要な要素の一つである。社内に一人でも、こういったメンタルヘルスを専門に学んだ人を置いておくだけで空気が変わっていくのではないだろうか。

引用元:http://www.sankei.com/economy/news/160707/prl1607070193-n1.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …