ワークサイズで働き方が変わる!

ワークサイズで働き方が変わる!
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

職場ではデスクワークばかりで運動不足、ストレスも溜まるという方も多いのではないだろうか?

今回はそんな方におすすめの新しい働き方を紹介する。

ワークサイズで働き方が変わる!

ワークサイズで働き方が変わる!

Work(仕事)とExercise(エクササイズ)を組み合わせたワークサイズの魅力は、日常の働き方をちょっと工夫することで、仕事にも健康にも良い効果が期待できること。ワークサイズのアイデアの数々が、あなたの働き方をガラッと変えるかもしれない。

座り仕事を減らす=立ち仕事を増やすワークサイズのアイデアをいくつか紹介する。

 

1、メールで話を片付けず、相手の元へ行く

健康メリット:歩く機会が自然と増えるため、デスクワークで同じ姿勢を長時間取り続けることによる血流の悪化を防ぐことにつながる。

仕事メリット:同僚と直接話す機会が増えることで、コミュニケーションが活発になり、相手との信頼関係を築きやすくなる。また、いろいろな部署に出向くうちに、同僚がどのような仕事をしているのかがわかったり、思わぬ情報収集ができたりする。

 

2、ホワイトボードの前で立ち会議

健康メリット:座り会議(座位での作業)の運動強度1.5メッツに対して、立ち会議(立位での作業)は3.0メッツ。立ち会議に変えることで運動強度が倍増する。

仕事メリット:参加者がお互いに立つことで話しやすい雰囲気になり、会話が弾む。会議が行き詰まったときはストレッチや歩くことで積極的に体を動かすと、新しい発想が浮かぶきっかけにもなる。

 

3、立ちパソコンで単純作業

健康メリット:同じ作業でも立って行うことによって運動強度が倍増する。

仕事メリット:立ちパソコンは座っているときよりも体が活性化して、集中を促すことで特にメール確認・文章の正誤チェック・データ入力といったシンプルな作業の効率が高まる。

 

などなど。例えば、立ち会議30分+同僚と立って打ち合わせ15分+キャビネットで資料整理45分+立ちパソコン30分を組み合わせると合計2時間、座り仕事を減らせるという。

 

工夫次第でコストをかけずに健康経営に取り組むことができる一例といえるだろう。従業員の意見をうまく反映しながらまずは身近なところから始めてみてはいかがだろうか?

引用元:https://www.qupio.jp/2806

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …