神戸市、”健康経営セミナー” 開催!

神戸市、”健康経営セミナー” 開催!
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

健康経営ニュース

 

前回は横浜市でのセミナーを紹介したが、今回は25日、神戸市中央区の兵庫県看護協会ハーモニーホールで開催された健康経営に関するセミナーを紹介する。

神戸市、”健康経営セミナー” 開催!

神戸市、”健康経営セミナー” 開催!

「健康経営セミナー」が25日、神戸市中央区の兵庫県看護協会ハーモニーホールで開催された。講師を務めた東京大政策ビジョン研究センターの古井祐司特任助教 が、中小企業が取り組む健康管理の事例を紹介し「企業の意識と工夫で、社員の健康は改善する」と助言した。

健診データを活用し、職場や業種ごとの健康管理を分析する「データヘルス」の積極的な導入を提案。「職場の健康管理を後回しにせず、組織に合わせた取り組みを始めることが重要」と力を込めた。ある運輸会社がスタッフの点呼の際に体重測定を続けたことにより、食生活が改善されて肥満率が下がったという事例も紹介した。

神戸市内の企業で人事担当を務める男性(47)は「会社が熱意を持って健康管理に取り組めば、社員も気にかけてくれることを学んだ。社内で何か一つ始めてみようと思う」と語った。

このほか、同支部が募集している「事業所健康宣言」の取り組みについても紹介された。

 

経営コンサルタントの観点で、健康経営は有効であると語られている。特に人手不足の業界では従業員への健康意識は非常に重要である。従業員の病欠や病気による退職のリスクを考えると日頃の健康診断費用等の福利厚生費は削減するべきではなく、むしろ充実させるべきである。健康経営においては福利厚生費は投資といった考え方をするとよい。例え低コストであっても従業員の健康を管理できるツールを模索し、実践していくことは工夫次第で必ず可能である。そういった取り組みによって、社内の空気が変わり、業績も向上していくはずである。

引用元:https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201607/0009321955.shtml

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …