サントリー、健康経営対応の自動販売機を設置

健康経営対応の自動販売機
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営が全国的な地域、企業に認識されるようになってきた。

今回は、サントリーの健康経営対応型の自動販売機を紹介する。

健康経営対応の自動販売機

サントリー、健康経営対応の自動販売機を設置

サントリー食品インターナショナル(株)は、自動販売機とスマートフォンアプリを連動させ、企業の「健康経営」をサポートするポイントサービス「サントリー GREEN+(グリーンプラス)」を開発し、今秋より順次導入するという。

「サ ントリー GREEN+(グリーンプラス)」は、「健康経営」を掲げる企業の“社員の健康増進意欲をいかに向上させるか”という課題を解決するべく、社員にとって身 近なオフィス・事業所内自動販売機に着目したポイントサービスだ。同社では、トクホ飲料の「伊右衛門 特茶」をはじめ、新商品の「特茶 カフェインゼロ」「黒烏龍茶」「胡麻麦茶」「ペプシスペシャル」「ボス グリーン」「ボス ブラック」と多くのトクホ飲料を有している。

本サービスは、スマートフォンで専用アプリを立ち上げ、対象自動販売機でサントリー飲料を購入、または、期間内に規定の歩数以上歩 くと、アプリ内にポイントが貯まり、専用アプリ内に貯まったポイントを対象自動販売機でサントリーのトクホ飲料に交換できるサービス。購入においては、全 飲料を対象としながらも、トクホ飲料とトクホ以外の飲料とにポイント差がある。

オフィス・事業所内の専用自動販売機(IoT自動販売機)で飲料を購入すると、Smart Beacon®が反応し、アプリ内にポイントが貯まる。また、期間内に規定の歩数以上歩くことでもアプリ内にポイントが貯まり、貯まったポイントでサントリーの“ト クホ飲料”に交換することができる。さらに、同サービスをより効果的に活用しするため、同社より講師を派遣するトクホセミナー等も提案していくという。

 

自動販売機ということで、消費者にとって非常に身近な部分にまで健康経営が浸透してきていることを示している。このような小さい取り組みも、会社から従業員に向けて健康を気遣っているという姿勢を示すには十分に効果があるといえるだろう。健康経営の取り組みは希望者だけを対象とするのではなく、全社員を自発的に巻き込んでいくようにすることが重要である。

引用元:https://iotnews.jp/archives/27386

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …