メンタルの乱れは食の乱れ?

メンタルの乱れは食の乱れ?
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

現代病ともいえる心の病気。その要因は外部環境によるストレスにばかり注目されがちであるが、食との関連性も忘れてはならない。

メンタルの乱れは食の乱れ?

メンタルの乱れは食の乱れ?

精神栄養学とは、心の病気や脳の働きに関連する栄養学的要因や食生活習慣などについて明らかにする新しい学問領域である。この十数年の間に急速に研究が進み、心の病気と関係する種々の栄養学的異常や偏った食生活習慣が明らかになり、診断や治療に有用な研究成果も蓄積されてきた。

日本の精神医学における治療では薬物療法(抗うつ薬や抗不安薬など)と心理療法(認知療法など)が主流で、精神栄養学という学問の認知度はまだまだ低い。 しかし、ビタミンやミネラルの不足、オメガ3脂肪酸の不足などにより、うつが誘発されることが実験で明らかになっている。すでに海外では、こうした研究結果を受けて、栄養療法や食事改善指導が精神疾患の治療の一環として実践されているらしい。

さらに精神疾患の患者には、栄養に関する一般的な知識が不足している人、食事のバランスが極端に崩れている人が多いとも。大多数の日本人の食事のバランスはすでに乱れている。たとえば日本の大人は慢性的な野菜不足だ。成人1日の野菜摂取量の平均値は272.85グラムで、目 標値350gには遠く及ばない(厚生労働省「平成25年度国民健康・栄養調査」)。特に20代から30代の若年層では1日あたりの摂取量が250グラム未 満と野菜不足の傾向が強まる。つまり、そもそも心身の健康を保つのに必要なビタミンやミネラルなどが足りていない人の割合が高いのだ。

 

体は食によって作られる。そのため偏った栄養や質の悪いものばかりを摂取していると不調になるのは当然と言えるだろう。それはもちろんメンタルの問題にも影響するだろう。体が不調であれば気分も上がらないし、仕事の能率も下がる。まさに悪循環である。無意識にそういった循環に陥ってしまわないように日頃から”見える化”する習慣をつけることが大切だ。

引用元:https://news.nifty.com/article/entame/etc/12129-011381/

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …