健康経営格付け最高ランクを獲得、ダイフクの取り組みとは

健康経営格付け最高ランクを獲得、ダイフクの取り組みとは
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営銘柄、健康経営優良法人認定制度の認定に関わる格付け。最高ランクを獲得したダイフクの取り組みを紹介する。

健康経営格付け最高ランクを獲得、ダイフクの取り組みとは

健康経営格付け最高ランクを獲得、ダイフクの取り組みとは

ダイフク(北條正樹社長、大阪市西淀川区)は7月1日、日本政策投資銀行(DBJ、東京都千代田区)が実施する「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」制度の評価で、最高ランクの格付を取得したことを発表。

同格付は、DBJ独自の評価システムで、従業員への健康配慮の取り組みに優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するもの。

ダイフクはこれまで、12年2月に「DBJ防災格付」(現「DBJ BCM格付」)、同10月に「DBJ環境格付」を取得しており、今回の「健康経営格付」の取得で、DBJが提供する評価認証型融資制度に基づく三つの格付すべてを取得した。

今回の格付では(1)全社横断的な専門組織「こころと体の健康づくり委員会」を06年度から組織し、産業医・保健師・健康保険組合と一体的に、数値目標を設定しながらPDCAサイクルを着実に運用している点(2)外部の分析専門事業者も活用し、健診データやレセプトデータなどを多角的に分析。事業所ごとに運動セミナーやプログラムなどの対策を講じている点(3)全従業員に生活習慣病健診を行い、高リスク者には個別の対策を実施していることや、メン タルヘルス不調者の早期発見策として、人事異動者全員に保健師面談を実施しているなど、従業員各人に対して手厚い配慮を行っている点、などが評価された。

 

格付けを受けるためにはいくつかの評価基準をクリアする必要がある。そのためにはPDCAサイクルを意識することが大切だ。まずは、具体的な数値目標を定め、外部組織等もうまく活用し健康診断を行う。その結果を基に具体的改善策を行い、経過を確認しさらに改善を行っていく。ダイフクの取り組みはそれをうまく反映しており、お手本と言える事例である。まずはできるところから始めてみよう。

引用元:http://www.weekly-net.co.jp/materialhandling/post-12620.php

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6959a7c1c6dab0060d7ec153c18d7519_s
ニュース
日本企業「働き方変えることが重要」経団連会長

Pocket 日本経済団体連合会の榊原定征会長は24日までの記者会見で長時間労働について「残業せずに …

f05eb97548b04bb331215fcff8ee9655_s
ニュース
横浜健康経営認証制度、57事業所選出

Pocket横浜市は市内事業所を対象に「横浜健康経営認証制度」を昨年度に創設しており、今年度は57事 …

9e46c63042ff81317a6f3f83fd705b63_s
ニュース
株式会社レオパレス21、第18回 テレワーク推進賞「奨励賞」を受賞

Pocket株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、20 …