認知症判断、血液検査で可能に

認知症判断、血液検査で可能に
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

これまで医師の判断に委ねられてきた認知症判断を血液検査を基に行えるようになったという。

認知症判断、血液検査で可能に

認知症判断、血液検査で可能に

5ミリリットルの採血で、認知症につながりやすいアルツハイマー病のリスクを診断する検査もある。広島大大学院の田原栄俊 教授が開発した「ミアテスト」は、さまざまな細胞から血液中に分泌された「エクソソーム」と呼ばれる微粒子の中にある「マイクロRNA」を調べる。画像診断よりも早く、「未病」の段階で発症を予測でき、生活習慣の改善などで発症が回避可能になる。全国に100カ所近い提携医療機関があり、既に500人以上 が検査を受けた。

精度は93%以上で、他に発見しづらい膵臓(すいぞう)がんや乳がんも対象にできる。料金は医療機関によって異なるが、1疾患4万円から。高価だが、田原教授は「健康長寿のための検査としてグローバルに広めたい」と意欲的だ。

専門医以外でも、適切な認知症診断の知識や家族の悩みを聞く姿勢を習得するため、厚生労働省の研修を受けたかかりつけ医は増えている。同省担当者は「自己診断で不安な結果が出た場合は、早めにかかりつけ医に相談してほしい。早期診断が早期絶望にならないよう、認知症になった人に優しい環境づくりも大切だ」 と話す。【稲田佳代】

 

精神病の診断は医師の判断に委ねられることが多く、定量的な診断は難しいとされている。そういった中、身近に予防的な意味で診断できるキットがあることは普段から健康を意識するためのツールとして有効である。未だ料金が高いことがネックにはなるが、今後さらに普及が進むことでより身近で当たり前の存在になっていくことを期待したい。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20160815/ddm/013/040/040000c

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …