糖尿病予備軍を含め4000万人以上!?

糖尿病予備軍を含め4000万人以上!?
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

生活習慣病の代表ともいえる糖尿病。その規模は予備軍を含め4000万人にもなるという。

糖尿病予備軍を含め4000万人以上!?

糖尿病予備軍を含め4000万人以上!?

厚生労働省が公表する「国民健康・栄養調査」(2012年)によると、右肩上がりで増え続ける糖尿病の患者数は950万人にのぼる。さらに、予備群 の推計人数を合わせると2050万人で、実に成人の5人に1人という数字になる。この数字は各メディアが引用しているが、そこに異を唱える人物がいる。

「厚労省の推計データは正確とはいえません。実態はその2倍、(予備群を合わせて)4000万人はいると考えられます」

そう語るのは福岡空港から在来線とバスを乗り継いで1時間弱、人口わずか8500人足らずの福岡県糟屋郡久山町で、ヘルスC&Cセンター長を務め る清原裕氏だ。同センターは町民の健康診断の拠点となる施設で、清原氏はこの3月末まで、九州大学大学院第二内科が世界に誇る「久山町研究」のリーダーを 務めてきた研究者である。

「正確な有病率を調べるには受診率が大切です。普通、健診に参加する人は、もとから健康意識が高い人が多い。健康状態の悪い人やすでに病院に通って いる人ほど健診に参加したがらない傾向が強いのです。そのため、受診率を70~90%まで引き上げないと健康な“優等生”に偏ってしまい、実態よりデータ の数字のほうが低く出ることが多い

たとえば、基準値が非常に厳しいことで知られるメタボ健診(特定健康診査)の受診率はいまだ47.6%(2013年)に過ぎない。国の見ているデータが「健康意識の高い人」に偏ったものだということがよくわかる。

 

現実問題として結局は健診に行く人は元から健康意識が高い人に限られる傾向がある。これでは本質的な問題の解決とならない。やはり本当に健康のリスクが高い人に健診を積極的に受診してもらうことに意味がある。もちろん最終的には自己責任ということにはなるが、日本をさらなる長寿国家にしていくためにはテコ入れしていく必要があるだろう。

引用元:http://getnews.jp/archives/1517367

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …