健康経営、実際の従業員の意識

健康経営、実際の従業員の意識
未分類
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

本サイトで健康経営についての数多くの取り組みを紹介してきたが、健康経営に対して実際の従業員はどのように感じているのだろうか?今回はそのアンケート結果について紹介する。

健康経営、実際の従業員の意識

健康経営、実際の従業員の意識

健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する健康経営の考え方は広がりつつあり、企業が従業員の健康づくりに積極的に取り組んだり、それを後押ししたりする動きも盛んになっている。

しかし、従業員側はどう感じているのだろうか。第一生命経済研究所では、従業員300人以上の民間企業に勤める正社員1000人を対象にアンケートを実施し、企業の健康づくりのための取り組みに対する意識に焦点を当てた。

まず、自分の会社が従業員の健康づくりに取り組むことの重要性について質問した結果を示す。取り組み分野に関しては、「従業員の心の健康づくりを促すこ と」を重要だと思う割合が76.9%で最も高い。これに続く、体の健康づくりに関する項目も6、7割台となっている。心身両面で健康づくりが重視されてい る。

また、取り組み方法については、「健康づくりに関して、従業員に対する啓発や情報提供をおこなうこと」(76.7%)を重要だと思う 割合が最も高いが、他の項目でもそれほど差はない。すなわち、どの取り組み分野・方法も、従業員のおよそ3分の2以上には重要だと思われている。

次に、自分の会社が従業員の健康づくりに取り組むことによる、会社や従業員全体への効果についてもたずねた。その結 果、「従業員の医療費の削減」(59.9%)をはじめ、「従業員の欠勤・離職・休職の減少」「従業員の生産性の向上」「従業員の満足度の向上」「企業イ メージの向上」という効果があると答えた従業員の割合はいずれも半数を超えた。企業が従業員の健康づくりに取り組むことの効果に対して、多くの人が期待を持っている。

一方、自分の会社が「従業員の健康に配慮している」と思っている人は28.2%に過ぎなかった。

 

これらの結果をみると企業が健康経営に期待しているものと、従業員が健康経営に期待するものの間に大きな乖離がないことがわかる。しかしながら、三分二以上の従業員が健康経営は重要な取り組みだと認識しているのにかかわらず、実際に自分の会社が健康に配慮できていると認識しているのは約3割にとどまっている点は重要だ。つまり、企業はもっと積極的に健康経営の取り組みを行うべきと言えるだろう。社会全体に健康経営の考え方が浸透しつつある今、企業の前衛的な取り組みの実行が期待される。

引用元:http://www.sankeibiz.jp/business/news/160906/bsg1609060500001-n2.htm

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%e8%8a%b1%e7%8e%8b
未分類
花王、弘前大学と産学連携

Pocket毎日健康経営ニュース   今、注目が集まる健康寿命。花王は、これに関して弘前大学と共同研 …

%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%b0%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%b0%8f%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%94%af%e6%8f%b4
未分類
つくばウエルネス、中小企業の健康経営支援

Pocket毎日健康経営ニュース   これまで主に大企業にメリットが集中していた健康経営。しかし、新 …

医療費
未分類
特定保健指導、医療費削減へ期待

Pocket今回は特定保健指導によって実際の医療費が減少したという報告を紹介する。 特定保健指導、医 …