健康年齢で保険料が変わる!?

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%81%a7%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康になることのメリットはたくさんあるが、保険料にも今後大きく影響していくかもしれない。健康な人ほど得する制度だ。

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%b9%b4%e9%bd%a2%e3%81%a7%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f

健康年齢で保険料が変わる!?

生命保険大手の第一生命は、医療関連のビッグデータを活用して、契約者の健康年齢を割り出し、実際の年齢よりも健康年齢が若いと判断されれば、保険料が安くなる保険商品を販売する方針を固めた。

関係者によると、第一生命は、子会社のネオファースト生命が販売するがんや糖尿病などで入院した場合に給付金が支払われる「医療保険」で、新たに、契約者の健康状態を年齢で示す「健康年齢」によって毎月の保険料が決まる商品を開発し、ことし12月に販売を始める方針を固めた。
この保険商品は、加入する際は、実際の年齢に応じた保険料を支払うが、その後は、数年ごとに健康診断の結果を提出して、病歴や寿命などをまとめた医療関連のビッグデータをもとに割り出された「健康年齢」が保険料に反映される。

たとえば、「健康年齢」が、実際の年齢より5歳から10歳若い場合、保険料が20%から40%程度安くなる一方、実際の年齢を上回ると保険料が高くなるケースもあるということだ。契約者の健康年齢で保険料が変わる保険商品を大手の生命保険会社が扱うのは初めて。

生命保険業界では、日本生命や住友生命、それに明治安田生命も、健康面のデータから保険料などが決まる保険商品の開発を検討していて、IT技術を活用した試みが加速しているという。

 

今まで健康面を軽視していた人も健康年齢によっては40%も保険料が安くなると知れば、これまでの見方が変わるのではないだろうか。健康は普段の生活では見えにくいものだ。さらに若い人は症状に出にくいため、いつの間にか悪化しているというケースも多い。こういった健康年齢を基にした保険料の割引制度があれば動機づけとして有効かもしれない。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010688621000.html

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …