神奈川県、未病の改善にAIを活用

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

未病改善の普及に力を入れる神奈川県が、AIを用いた未病対策に乗り出すようだ。

%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c%e3%80%81%e6%9c%aa%e7%97%85%e3%81%ae%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%abai%e3%82%92%e6%b4%bb%e7%94%a8

神奈川県、未病の改善にAIを活用

県議会第3回定例会は13日、本会議を開き、公明党の高橋稔(横浜市港南区)、共産党の加藤なを子(藤沢市)、県政会の楠梨恵子(横浜市栄区)の3氏が代表質問を行った。

人工知能(AI)の医療への活用について、黒岩祐治知事は「個別化医療の実現に貢献することが期待される」とした上で、「医療や健康のビッグデータ解析 で、早い段階で病気の予測が可能になる。まさに未病の見える化。県民の未病の改善を後押しする大きな力になる。将来的には『マイME-BYOカルテ』に AIを活用する」と答弁した。

 

最近聞かない日がないほどに注目を集めているAI。そんなAI、未病対策でも非常に効果を発揮しそうだ。医師の誤診なく、非常にスピーディーに正確な診断ができるからだ。これからはこういった最新の技術をどこから取り入れていくのかが焦点になりそうだ。

引用元:https://news.nifty.com/article/domestic/government/12152-199088/

<広告> マンガでわかる健康経営 by エルステッドインターナショナル

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …