ロート製薬、社員1,500人で運動会

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%80%81%e7%a4%be%e5%93%a11500%e4%ba%ba%e3%81%a7%e9%81%8b%e5%8b%95%e4%bc%9a
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

従業員の福利厚生の一環として行われることの多い、社員運動会。今回はロート製薬の運動会について取り上げる。

 

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%80%81%e7%a4%be%e5%93%a11500%e4%ba%ba%e3%81%a7%e9%81%8b%e5%8b%95%e4%bc%9a

ロート製薬、社員1,500人で運動会

運動会の開会式では、各チームごとのTシャツ、または仮装した1500人の社員が、一斉にアリーナに集結し、体操を披露した。

「難しいから燃えるんだ」「普通なんてつまらない」「あきらめない」といった歌詞にのった歌とともに、社員が両手を広げたり、一歩を踏み出したり、最初から最後まで元気と健康のイメージの体操を行っていた。1500人もの人が力強く踏み出す姿は見ていて圧巻だが、大阪の本社をはじめ、全国に勤務する社員は毎朝9時に職場でこの体操を行っているとのこと、一度その様子も見てみたいものだが、体操の最後に右手をふりあげ、目のあたりまで手を持ってきていた。聞いてみると、なるほど、これは目薬をさすポーズだそうで、同社らしさで締めていた。

山田会長は「うちは社員有志のオリジナル企画がモットーで、自前です。ロートの伝統ですね」と笑顔で話す。そして「毎年ではマンネリ化するので、不定期でやってます。自分たちでやるのは大変、仕事に食い込んでいるのかもしれませんが、これも何年に1回のことなので」と続け、会長、社長ら役員も一緒に、社員らとともにかぶりものをするなど、肩を並べて競技に参加。会長は、競技の出番がない時は、カメラ片手に走り回っていた姿も印象的だった。

競技に参加していた社員は「全国の社員が集まって、そして例えば審判や司会進行まで、全部社員がやっている。今も競技の順番待ちで、知らない社員の人と話しができ交流が広まりました。これがロートらしさですかね」と話していた。

競技終了後は、会場で立食パーティも行ったが、親睦は深まる一方で、仕事など様々な面で今後の活力にもつながっていくことだろう。

 

ロート製薬で行われたこの運動会の印象は全員が心の底から楽しそうということ。例えば、これが健康増進のためとしていたらまた違った印象になってしまったのかもしれない。全員で一つの目標に向かって努力することがなにより継続しやすく、モチベーション向上の要因となる。健康を意識させすぎない取り組みこそが健康経営のあるべき姿なのかもしれない。

引用元:https://thepage.jp/osaka/detail/20161001-00000001-wordleafv?pattern=6&utm_expid=90592221-74.LdrGpjcWS4Czgnu3l9N7Eg.3&page=1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fthepage.jp%2Fosaka%2Fdetail%2F20161001-00000001-wordleafv%3Fpattern%3D6%26page%3D2

 

マンガでわかる健康経営 、健康経営に取り組むために。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …