スポーツクラブメガロス、神奈川県と健康経営事業

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%80%81%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c%e3%81%a8%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e4%ba%8b
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

各会社、区役所によって健康経営の取り組みは千差万別である。今回はスポーツクラブとタッグを組んだ神奈川区役所の取り組みを紹介する。

%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%80%81%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c%e3%81%a8%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e4%ba%8b

スポーツクラブメガロス、神奈川県と健康経営事業

神奈川区役所(二宮智美区長)とスポーツクラブメガロスを運営する野村不動産ライフ&スポーツ(株)(大橋充社長)が9月29日、同区役所で健康経営事業に関する覚書を締結した。両者は今後、体操DVDの作成などに着手する。区内企業・事業所の健康経営の取り組みを支援し、働く世代の健康づくりを推進することが目的だ。

同区は横浜市が進める健康経営企業応援事業のモデル区。健康経営事業は区政運営方針の重点取組にも位置づけられ、2014年度から積極的に従業員の健康増進に取り組む健康経営企業を支援している。

一方、全国33店舗・14万人の会員に健康づくりを提供する同社は、これまで立川商工会議所と健康経営に関するセミナーを実施するなど、行政との連携実績が豊富。今回の覚書締結は、区内における企業活動のPRを図りたいメガロス神奈川(桑原崇支配人)と、民間の技術支援を受けたい区との思惑が一致して実現したものだ。

 

健康経営の普及のために一番有効な手立てはなにか?その答えに近づくために官民一体となって考えていく必要がある。今回の取り組みはその第一歩とも言えるだろう。手探りでもやってみる積極的な姿勢が大切である。

引用元:http://www.townnews.co.jp/0117/2016/10/06/351579.html

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …