四国で健康経営普及が進む

%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%81%a7%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%99%ae%e5%8f%8a%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

都市部のみならず、地方でも広がりを見せる健康経営。今回は四国で広がる健康経営の取り組みを紹介する。

%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%81%a7%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%99%ae%e5%8f%8a%e3%81%8c%e9%80%b2%e3%82%80

四国で健康経営普及が進む

従業員の健康維持・増進を目指す「健康経営」を中小企業に促す取り組みが四国でも盛んになってきた。四国は中小の従業員やその家族の医療費が全国に比べて高い。従業員らが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は県と連携するなど地域ぐるみの支援策を展開。さらに金融機関と組んで健康経営を支援する金融商品を開発する取り組みも進んでいる。

 

協会けんぽ香川支部(高松市)と香川県は今夏から県内の協会けんぽ加入事業所向けに健康経営の推進を支援する事業「事業所まるごと健康宣言」を始めた。

事業所に「従業員やその家族に健康診断の受診を促す」などの目標を設定してもらい、事業所は毎年3月に取り組みの実施状況を報告する。希望すれば自己採点の結果が80点以上の事業所は県と同支部が共同で「健康経営取組事業所」として認定、ホームページなどで公表する。

 

愛媛県では協会けんぽ愛媛支部(松山市)が今春、加入事業所に健康経営を促す「コラボヘルス事業」を開始。チェックシートで課題を洗い出し、健康経営の実施計画を策定してもらう。中小の健康経営推進に向け、関係する団体、企業と協力関係の構築も進めており、愛媛銀行との間で今年覚書を結んだ。連携・協力事項の一つに「健康をテーマにした金融商品の開発」がある。同行は同支部と協議しながら、健康経営を推進する企業などを優遇する金融商品を具体化する作業を進めている。

 

 

もうすぐ始まる健康経営優良法人認定制度に合わせてか、中小企業でも健康経営の流れが広がって来ている。地域で情報共有しながら取り組みを進めていくことも一つの有効手段だ。従業員と共に積極的な経営者の経営判断を期待したい。

引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08328420T11C16A0LA0000/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …