日立グループ、脳活動計測で健康経営支援

%e6%97%a5%e7%ab%8b%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%81%e8%84%b3%e6%b4%bb%e5%8b%95%e8%a8%88%e6%b8%ac%e3%81%a7%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%94%af%e6%8f%b4
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康診断では見えにくいストレス。そんなストレスを脳活動計測によって測定する健康経営支援サービスを開始するようだ。

%e6%97%a5%e7%ab%8b%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%81%e8%84%b3%e6%b4%bb%e5%8b%95%e8%a8%88%e6%b8%ac%e3%81%a7%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e6%94%af%e6%8f%b4

日立グループ、脳活動計測で健康経営支援

日立製作所のグループ会社の日立ハイテクノロジーズなど3社は21日、脳活動計測装置を活用して就業環境の改善を支援するコンサルティング事業を11月から始めると発表した。定量化が難しかった職場の活力を数値化し、ストレスの強い職場の問題を把握したり、人事施策の効果を確認したりするのに活用する。

頭に小型装置を装着した状態で5~6分程度のゲームに取り組み、脳活動を計測する。近赤外線を照射し、血流量を調べることで脳の活発度合いが分かる仕組み。「活発」から「疲労あり」まで3段階で評価する。

生産性の向上につながる人事施策の策定も指南する。解析技術を持つ日立ハイテクと、業務改革サービスを手掛ける日立コンサルティングが協力し、顧客企業のニーズに応じて分析手順を立案する。日立キャピタル損害保険は長期休業者の所得を補償する団体保険を割安の保険料で提供する。

 

全国の事業所で義務化されたストレスチェック。しかしながら、それはアンケート調査によるものでストレスの状態を正確に反映できているとは言えないだろう。今回の取り組みでは脳活動を計測するのでアンケート調査よりは客観的評価が可能である。こういった客観的評価によるストレスチェックがこれからのスタンダードになれば、一定の効果が期待できるのではないだろうか。

引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21HTY_R21C16A0TJC000/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …