10時間越え労働で課長が罰金!?

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e3%81%ab%e5%ad%a6%e3%81%b6%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%e9%9d%a9%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

現在も景気が非常にいいドイツ。長時間労働をしないドイツが大きな成果を上げれる秘訣はどこにあるのだろうか?

%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e3%81%ab%e5%ad%a6%e3%81%b6%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%e9%9d%a9%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f

10時間越え労働で課長が罰金!?

 

ドイツは世界の主要な国の中で最も労働時間が短く、日本よりも有給休暇の取得率がはるかに高い。それにもかかわらず、高い経済パフォーマンスを維持することに成功している。

「物づくり大国」という目指す方向は日本と同じだが、2011年にはインダストリー4.0(第4次産業革命)を提唱。工業のデジタル化で製造業の様相を根本的に変え、コスト削減で先頭を走ろうとしている。ただ休みが長いだけの国ではないのだ。輸出額を年々増大させ、15年の貿易黒字は経済協力開発機構(OECD)加盟国内で最大だった。おまけに、社会保障サービスの水準も日本を大幅に上回っている。

OECDによると、ドイツの14年の労働生産性(労働時間あたりの国内総生産)は64.4ドルで、日本(41.3ドル)を約56%上回っている。ドイツの労働生産性が日本を大幅に上回っている理由は、ドイツの労働時間の短さである。ドイツの例は、労働時間が短くても経済成長を維持し、社会保障システムによって富を再分配することが可能であることを示している。

ドイツは「時短」大国だ。OECDによると、14年のドイツでは、労働者1人あたりの年間平均労働時間が1371時間だった。これは、OECD加盟国の中で最も短い。日本(1729時間)に比べて約21%も短い。日本よりも358時間、OECD平均よりも399時間、韓国よりも753時間短いことになる。

ドイツでは、1日10時間を超える労働は法律で禁止されている。労働条件を監視する役所が時折、労働時間の抜き打ち検査を行い、1日10時間を超える労働を組織的に行わせていた企業に対しては、最高1万5000ユーロ(約172万5000円)の罰金を科す。

企業は罰金を科された場合、長時間労働を行わせていた課の管理職にポケットマネーから罰金を払わせる。このため、管理職は繁忙期でも社員が10時間を超えて仕事をしないよう、細心の注意を行う。ドイツ企業では、「短い時間内で大きな成果を上げる」社員が最も評価される。成果が出ないのに残業をする社員は、全く評価されない。

このためドイツでは、長時間労働による自殺や過労死、(うつ)病は日本ほど大きな社会問題になっていないという。

 

日本とドイツの大きな違いは長時間労働の責任が明確になっているかどうかという点だ。日本では帰りたくても帰れない空気、連帯感が強い傾向にある。また、帰宅時間があいまいになってしまうことで結局集中できず、だらだらと仕事を続けてしまう原因にもなる。まさに悪循環である。模範となる社員は定時までにきっちりと仕事を終わらせ、定時に胸を張って帰宅する社員である。長時間労働は決して美徳ではない。それでもどうしてもできないなら、それはそもそものビジネスモデルが間違っているということだ。

引用元:http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161006-OYT8T50042.html?page_no=1

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …