住友理工、「第75回全国産業安全衛生大会2016」に参加

%e3%80%8c%e7%ac%ac75%e5%9b%9e%e5%85%a8%e5%9b%bd%e7%94%a3%e6%a5%ad%e5%ae%89%e5%85%a8%e8%a1%9b%e7%94%9f%e5%a4%a7%e4%bc%9a%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e3%80%8d%e3%81%ab%e5%8f%82%e5%8a%a0
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

ブラック企業に対する風当たりが強まる中、従業員の健康管理に注目が集まっている。今回は住友理工の取り組みを紹介する。

%e3%80%8c%e7%ac%ac75%e5%9b%9e%e5%85%a8%e5%9b%bd%e7%94%a3%e6%a5%ad%e5%ae%89%e5%85%a8%e8%a1%9b%e7%94%9f%e5%a4%a7%e4%bc%9a%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%e3%80%8d%e3%81%ab%e5%8f%82%e5%8a%a0

住友理工、「第75回全国産業安全衛生大会2016」に参加

住友理工は11月2日、「第75回全国産業安全衛生大会2016」に参加したと発表した。

全国産業安全衛生大会は、労働災害の増加傾向に歯止めをかけ、労働災害のない職場づくりに向けて決起する場と位置づけられ、国内企業の安全衛生や社員の健康促進に携わる担当者が参加する国内最大規模の大会。今年は10月19日~21日に仙台市内で開催された。

今回、ヘルスケア室の佐藤恵保健師が、「生活習慣病予防を目的としたグループ内『見られる化』減量プログラムの実践報告」について研究発表を行った。生産性向上につながる「従業員の健康管理」は、近年「健康経営」として、企業の経営指標の一部として捉えられる重要な課題となっている。特に「生活習慣病」は、若年期から意識を高め予防することが大切とし、グループで行った減量プログラム「住友理工スマートクラブ(SSC)」の内容、導入効果を紹介した。

同社は今後も、従業員が健康的に働くことができるよう、健康増進活動を推進していく方針。

 

引用元:http://www.gomutimes.co.jp/?p=99526

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …

dena
ニュース
DeNAに学ぶ健康マネジメント【後編】

Pocket毎日健康経営ニュース   NHKでも睡眠特集番組があるくらい注目されている中、 …