生保各社、健康増進保険を開発

%e7%94%9f%e4%bf%9d%e5%90%84%e7%a4%be%e3%80%81%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%a2%97%e9%80%b2%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%82%92%e9%96%8b%e7%99%ba
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

最近の健康ブームに合わせて、より健康な人が得する保険の開発に生保各社が力を入れている。

%e7%94%9f%e4%bf%9d%e5%90%84%e7%a4%be%e3%80%81%e5%81%a5%e5%ba%b7%e5%a2%97%e9%80%b2%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%82%92%e9%96%8b%e7%99%ba

生保各社、健康増進保険を開発

死亡保険や医療保険の加入者の健康状態が良くなると、保険料の割引や買い物の利用特典を受けられる「健康増進保険」の開発に、生命保険各社が力を入れている。健康志向の高まりを背景に、新しいタイプの保険商品の開発で契約の拡大を狙う。

 第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命保険は、3年ごとに体重や血液などの検査結果で「健康年齢」を算出し、保険料を決める医療保険を12月から販売する。健康年齢が若くなると保険料は割り引かれるが、上がると保険料が高くなるケースもある。

住友生命保険は、健康増進保険を販売する南アフリカの保険会社、ディスカバリーと業務提携。1日の歩数や健康診断の結果を数値化して毎年評価し、保険料の割引率を決める商品を2018年から販売する。スーパーやジムと提携し、健康食品の価格やジムの利用料を割り引く特典の導入も検討している。

日本生命保険や損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険も健康増進保険の開発を進める方針だ。

 

一部の企業で先行して行われていた健康増進保険が現在生保各社での開発が進んでいる。これまでは、病気になった後を考えての保険であったが、これらは病気にならないためにという視点の保険だ。加入者にとっても病気にならないことが最善であるので、まさにwin-winな保険といえるだろう。健康な人がもっと得する社会が当たり前になっていくことを期待したい。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20161106/ddm/008/020/057000c

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …