パナソニック、健康管理事業に本格参入

%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%81%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%81%ab%e6%9c%ac%e6%a0%bc%e5%8f%82%e5%85%a5
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康管理に関する様々なサービスが全国的に展開されつつある。今回はパナソニックによる新サービスだ。

%e3%83%91%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%81%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%81%ab%e6%9c%ac%e6%a0%bc%e5%8f%82%e5%85%a5

パナソニック、健康管理事業に本格参入

パナソニックは企業の従業員向けの健康管理事業に本格参入した。仕事の生産性や眠りの深さを数値などで分かりやすく示すサービスを提供し、健康状態の改善を通じた能率アップを支援する。2018年度に売上高5億円を目指す。

新しい事業では、昨年義務付けられた「ストレスチェック」の結果や給与額などを基に、精神疾患による勤務中の生産性低下に伴う「損失額」を役職別や部署ごとに推定する。食事や歯周病などに関する健康教育をウェブサイト上で実施し、健康診断の結果から将来の疾病確率を提示することもできる。

また、来春をめどに衣料と組み合わせた新サービスも扱う計画だ。導電性の繊維を手掛けるミツフジ(京都府精華町)と協業し、心電図から心拍数や眠気、ストレスなどを計測できる特殊な肌着を開発。従業員のスマートフォンや会社の端末と連携させ、健康状態の異常検知や生活習慣の改善に役立ててもらう。従業員の健康的な生活の実現を通じて、生産性向上や医療費削減につなげる「健康経営」が注目を集めていることが参入の背景にある。

担当者は「業績への成果が見えにくくならないよう、費用対効果を分かりやすくすることを心掛けた」と説明している。

 

健康経営普及のキーワードは『見える化』である。健康状態の見える化、業績への成果の見える化等だ。つまり、常に現状をチェックできるシステムを構築できれば健康経営は益々普及していくだろう。そのためのツールの一つとしてこの取り組みも期待できそうだ。

引用元:http://www.sankeibiz.jp/business/news/161109/bsc1611090500004-n1.htm

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …

7f8078ac2acb50e8820e7fb4ff228063_s
ニュース
新潟県、働き方改革に向け宣言採択

Pocket毎日健康経営ニュース      新潟県働き方改革推進会議は9月7日、 …