「働き方改革」の成功には信頼された総務が必須

%e3%80%8c%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%e9%9d%a9%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ab%e3%81%af%e4%bf%a1%e9%a0%bc%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%b7%8f%e5%8b%99%e3%81%8c%e5%bf%85%e9%a0%88
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

政府も推し進めている働き方改革。円滑な改革の成功には従業員と日頃から信頼関係を築いた総務がキーパーソンになりそうだ。

%e3%80%8c%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%e9%9d%a9%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ab%e3%81%af%e4%bf%a1%e9%a0%bc%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e7%b7%8f%e5%8b%99%e3%81%8c%e5%bf%85%e9%a0%88

「働き方改革」の成功には信頼された総務が必須

このところ新聞で取り上げられることの多い「働き方改革」。アベノミクスの大きな柱ともなっている。働き方改革、あるいはワークスタイル変革は、ともに従業員の働き方を大きく変えてもらう必要がある。そのためには「制度」「ITツール」「風土」、この3点を大きく変えることが必要であると言われている。

まず、制度とツールに関しては、取り急ぎ、総務で制度設計をしたり、ITツールを導入することはできる。ここまでは、総務部内だけで対応が可能である。

その後、全社に告知して、実際に社内の従業員に制度を順守してもらい、ツールを利用してもらうことが必要となる。この時に効いてくるのが、総務と現場社員との関係性である。総務が誰のために仕事をしているのか、を現場社員は必ず見抜くものである。

現場を歩き、現場の声を聞き、現場を巻き込みながら全社導入していけば、現場社員は総務の真意を感じ、納得してその制度を守り、ツールを活用していく。

一方で、現場のことは考えもせずに、経営側から言われたから制度を構築したり、「他社も入れているから」程度の動機でITツールを導入したものであれば、従業員はそれを感じとり、あからさまな反対はしないものの、その制度やツールは使われないものとなる可能性がある。

働き方改革や健康経営など、今後は全社的な活動が大きくなっていく。その運営主体となるのは総務だ。だから、「総務と現場社員との信頼関係の良し悪しが、全社を変える取り組みに大きな影響を与えることになる」という。

 

最近、長時間労働の問題が注目されるようになり、その対策に追われる企業も多いことだろう。しかしながら、だからといって対処療法的な取り組みは従業員に見抜かれ、逆に不信感を抱かれかねない。そんなときに日頃の総務と従業員の信頼関係が効いてくるのだ。従業員にとってどの取り組みが健康経営として有効かを経営者ではなく従業員の視点で考えることが重要だ。

引用元:http://diamond.jp/articles/-/107253

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …