健診結果、異常なしで安心は要注意!?

%e5%81%a5%e8%a8%ba%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%80%81%e7%95%b0%e5%b8%b8%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%a7%e5%ae%89%e5%bf%83%e3%81%af%e8%a6%81%e6%b3%a8%e6%84%8f%ef%bc%81%ef%bc%9f
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

毎年の健診の結果を見て一喜一憂する方は多いかもしれない。もし、異常なしで安心している方がいたら要注意だ。

%e5%81%a5%e8%a8%ba%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%80%81%e7%95%b0%e5%b8%b8%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%a7%e5%ae%89%e5%bf%83%e3%81%af%e8%a6%81%e6%b3%a8%e6%84%8f%ef%bc%81%ef%bc%9f

健診結果、異常なしで安心は要注意!?

会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのはありがたいが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。今回は最新結果で「異常なし」となった場合の受け止め方について。職場健診で経年変化を確認しておきたい項目についても紹介する。

職場健診の結果通知書が届き、総合判定や各検査項目の判定をひと通り確認したあと、異常がなければ「よかった」と安心して、通知書を処分している人もいるかもしれない。

だが、ちょっと待って。職場健診の結果通知書は、毎年保管しておくことが望ましい。健診での各検査項目の数値は、良し悪しを判断する指標として示されている基準範囲と比較するだけでなく、毎年の変化を観察することも大切だからだ。

例えば、数値が基準範囲内であっても、前年やその前の年と比べると、徐々に上昇したり低下したりしているときは、注意した方がいい場合もある。

三井記念病院総合健診センター特任顧問の山門實氏は、「少なくとも、過去3年間の結果は把握しておくといいでしょう。基準範囲内でも数値が悪化してきている場合、そのままの生活を送っていると3年程度で基準範囲を超える可能性が高いといえます。健診の結果通知書でこうした経年変化を見ていけば、未病(病気に進行しつつある状態)対策や発症予防につながります」と話す。

また、高めもしくは低めの数値で基準範囲を超えそうな場合でも、数年間その数値のまま変化なくほぼ安定していれば、それは自分にとっては標準的な値だと分かる。経年変化を見ていくことで、自分の体の状態の変化や傾向を把握できるのだ。

「一般的な職場健診では、肥満度(BMI)、血圧、脂質代謝(コレステロール関連の値)、糖代謝(血糖値など)、腎機能(尿検査関連の値)の検査項目の経年変化を見ておくといいでしょう」(山門氏)

 

引用元:http://style.nikkei.com/article/DGXMZO09037360R01C16A1000000?channel=DF130120166093

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …