社員の健康以外の“成果”も重要

%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7%e4%bb%a5%e5%a4%96%e3%81%ae%e6%88%90%e6%9e%9c%e3%82%82%e9%87%8d%e8%a6%81
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

健康経営の普及を目指すCHO構想セミナーで紹介された普及のための“コツ”を紹介する。

%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%81%a5%e5%ba%b7%e4%bb%a5%e5%a4%96%e3%81%ae%e6%88%90%e6%9e%9c%e3%82%82%e9%87%8d%e8%a6%81

社員の健康以外の“成果”も重要

「健康というのは響きのいい言葉だが、実際に成果は上がっているのか、そこを示さないと健康経営は広がらない」と話すのは、事業構想大学院大学「企業のための健康経営・実装プロジェクト」担当教員で、株式会社フジクラ人事・総務部健康経営推進室の浅野健一郎氏。

浅野氏は従業員が健康になるだけではなく、経営陣がプラスと感じる成果も必要だと強調する。そのために浅野氏が設定したのが健康と成果を測定するシステムだ。これにより、例えば1日の歩数を設定するなど、会社の与えた健康に関する課題をクリアした人ほど、生産性が高いことを示している。また、達成者ほど設定以上の歩数を歩くなど、さらなる健康増進に取り組む傾向が見られたようだ。

「こういった成果を示すことで、経営陣も健康増進をコストではなく投資と考えられるようになります」と浅野氏は説明する。経営上のメリットを示していくことで、健康経営という思想が広まっていくと持論を述べた。

このほか、CHO構想の実践企業として東京急行電鉄の担当者、アップコンの代表者が自社の取り組みを紹介。東急では社員だけではなく、沿線住民にも啓発活動を行っているという。一方、アップコンでは社員が階段を使う運動を行うとともに、会社全体で禁煙にも取り組んでいることが報告された。

 

健康経営の普及には会社側と従業員側でwin-winな関係であることを理解してもらうことが重要だ。また、従業員にとって本当に役に立つシステムかどうか、継続できるシステムかどうかを従業員目線で問い続けることが大切だ。

引用元:https://news.nifty.com/article/economy/business/12139-6774/

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …

3fb0d8cc4f0b956095b820c331f5fa6e_s
ニュース
健康経営 地銀に浸透

Pocket毎日健康経営ニュース    北関東の地銀で、従業員の健康を経営課題として掲げる …