健康ゴールド免許、何が変わるのか?

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e5%85%8d%e8%a8%b1%e3%80%81%e4%bd%95%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f
ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

先日の記事でも紹介した「健康ゴールド免許」。その中身は?どう変わるのだろうか?

%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e5%85%8d%e8%a8%b1%e3%80%81%e4%bd%95%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f

健康ゴールド免許、何が変わるのか?

人口減少、少子高齢化社会へ加速するとともに、医療費を含む社会保障費の増加は、日本が抱える課題となっています。高齢者が増えることで病気などの治療費、介護医療費の割合は上昇していきます。そんな中、ビックデータを解析して割り出した「健康年齢」によって保険料が決まる医療保険が発売され注目を集めています。

小泉進次郎衆議院議員を中心とした自民党若手議員が、社会保障に関して「健康ゴールド免許」創設の提言を先日行いました。これは運転免許証において、優良運転手がゴールド免許証をもらえるように、定期検診の受診や健康管理に向けて努力をした人を対象に「健康ゴールド免許」をつくり、医療費の自己負担割合を3割から2割に引き下げるというものです。

人口減少、少子高齢化が加速する中で、国民一人ひとりが健康管理を意識するよう促すことで、医療費や介護費用を抑制することを目的としています。「健康ゴールド免許」の導入案については、賛成との支持を集める一方で「定期検診の受診はお金がなくて難しい人もいる」「努力して健康になれるなら良いが…」など反対の声も少なくないようです。

 

 

健康な人が得する社会になることは歓迎すべきことだ。しかしながら一方で、健康意識が高い人は比較的経済的に恵まれた人であることが多い。つまり、現実問題本当に医療費の負担額を減らすべき人に対しては厳しいということだ。健康意識改革のためのビジョンを掲げることは大切だが、そのための具体的な戦略を現実的に考えていかなければならない。

引用元:https://www.google.co.jp/alerts?hl=ja&tab=w3&authuser=1#2:2

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_s
ニュース
「岡山市ホワイトプラス企業表彰制度」今年度から

Pocket毎日健康経営ニュース    岡山市は11日、健康経営やワークライフバランスに関 …

1d3cbce11937f8415d535ae75dcf96e9_s
ニュース
血圧測定、社員に「義務化」

Pocket オムロン傘下の医療機器メーカー、オムロンヘルスケア(京都府向日市、荻野勲社長)は今月か …

b06eb51bc371d140dccbd8074c4ecea6_s
ニュース
脳・心臓疾患、運輸業が最多

Pocket毎日健康経営ニュース    政府は6日、過労死等防止対策推進法に基づく「過労死 …