健康寿命を延ばすための3つの要素とは?

ニュース
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

毎日健康経営ニュース

 

話題になることが多い健康寿命。健康寿命を延ばすためには3つの要素が大切らしい。

%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f

健康寿命を延ばすための3つの要素とは?

高齢化社会について考える連続講座「老いない体づくりを目指す」(毎日新聞社後援)が28日、大阪市北区の大阪大学中之島センターであった。活力ある長寿社会を目指してフォーラムなどを企画する「健康長寿プロジェクト21」推進機構の主催。約200人が参加した。連続講座の初回で、約1年間で計5回の講座を予定している。

同機構座長の小野啓郎・大阪大名誉教授(整形外科)が「人間の老化とはなにか」と題して講演。続いて神出計・大阪大教授(老年医学)が「握力や歩く速さなどの身体機能、栄養状態、認知機能で老化度を知ることができる。この三つを健常に保つことが、『健康寿命』を延ばすために大切」と話した。
 
また、中屋豊・徳島大名誉教授(栄養学)は「要介護を防ぐための栄養学」と題して講演した。「たんぱく質の摂取と筋力トレーニングの組み合わせで筋力低下を防ぐことができる」と説明した。

 

 

身体機能、栄養状態、認知機能の三つが健康寿命を延ばすためには大切ということだ。当たり前といえば当たり前ではあるが、このように細分化することで有効な対策を考えることができそうだ。

引用元:http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k27/040/447000c

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
損保ジャパン、「健康増進」企業対象 団体保険を「割引」

Pocketメンタルヘルスを後押し  損保ジャパン日本興亜は、従業員の健康増進に積極的に取り組む「健 …

ニュース
自社の魅力訴える工夫を /奈良

Pocket 学生の就職活動が本格的に始まっている。少子高齢化や企業の人手不足、景気の拡大、働き方改 …